これは猫である吾輩の自伝である。
初めての方は、過去記事一番古いものから
読まれる事を是非おすすめさせてもらいたい。


← プリチィな吾輩のためにもぜひクリックをお願いしたいのだ!!→ランキング参加サイト

2007年09月02日

カメ VS ヌシ 完結編

しばらく病んでおったのでずるずると申し訳ないが、
今回は正真正銘「カメ編」最終回をお送りする。
えっ?誰も待ってないって??

(病中話〜奇跡の生還についてはまた後日。)

 さぁ楳図かずおキャラになった2人と血の海地獄の部屋から数日後。

・・・・というのも、ヌシはこの後どうやって帰ったか全く覚えていないそうなのだ。

先輩の応対も全く記憶にないそうで、、、
先輩の家に行ったのかすらもこうなると記憶に怪しいが、
ヌシの手の甲にはぽっかりと深さ8mmほどの小さな穴が開いていた。


 そして、ヌシの友は家族に連れられ病院へ、
血が出たのが幸いして、バイキンなどの心配も無く
しかし何針か縫うちょっとした事故状態。


当時は携帯もないし、初めて行った先輩の家。
それほど親しいわけでもなく、バイトも休みに入ったヌシらは
先輩と会う事もないまま新学期に入った。


そして、その後もバイト先で会う事のないまま
先輩は引越ししてしまった。


 今思えばあれ(カメ)は本当に猫だったのだろうか?
もしかして、黒豹かなんかの子供だったのでは??
それとも、子猫ではなく、ちっちゃいおっさんだったのでは??


 美脚自慢の友の太ももには、未だに7個ほどの丸い縫い傷があり
猫嫌い&アレルギーから猫恐怖症にまで発展。


 そしてヌシの傷は・・・
手の甲にはえくぼの様な小さな窪みが、しかしそれも年々目立たなくなりつつある。


やはり、吾輩の抗体のおかげか??それとも・・・・・・・・??


 カメは吾輩より2歳ほど若いはず。

もしカメがまだ生きていたら是非会ってみたいものだ。

そして、もう少し吾輩が若ければ・・・一戦交えてみたいものである。

                                
                                               (終)



はじめまして!しょう吉さん。
           カっカメ????             





posted by 猫魂 at 02:10| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
しょう吉さ〜ん!
だだだだだ大丈夫ですか?!(゚_゚i)
くれぐれも養生してくださいましねぇぇぇぇぇっ。(懇願)

ヌシVSカメ最終回も、私が思っていた以上の結末でしたyo!
本当に豹さんだったのかも・・・。ひえ。

絶対に一戦交えちゃダメよ、しょう吉さん☆
Posted by 奈々 at 2007年09月04日 16:17
奈々殿、大変ご心配おかけしたのだ!!

ほんとにほんとに励ましありがたい♪

実はもう100%全快なのだが、
ヌシが腹が冷えたらいかんと言って
クーラーをとめてしまったのだ〜!!
暑ぅてたまらんっ!!!

ヌシVSカメ編も最後まで読んでもらってとっても嬉しいのだ♪

またそちらにもお邪魔させてもらいますyo!
Posted by しょう吉 at 2007年09月05日 00:17
あぁ〜良かった〜(^。^;)
はい、お見舞い。( ・_・)∠※☆
お腹はね、冷やさない方がいいから、ヌシさんの言うこと聞いてね、しょう吉さん。

こっちは昨日から台風の影響かムシムシ地獄です。
フローリングの床もベタベタする〜。
ドライにすると寒いから私は腹巻+靴下にタンクトップというアンバランスな姿でいましたyo!
Posted by 奈々 at 2007年09月05日 17:59
わはは!!奈々殿の
「バカボンのパパ」状態な格好を見てみたいのだ♪

京都も盆地だからすんごくムシムシだけれども、そちらは今晩台風大丈夫だろうか?

また近々「吾輩 VS 柔道部長(獣医) 編」をお送りするのでぜひ立ち寄ってくださいませyo!!
Posted by しょう吉 at 2007年09月07日 00:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。