これは猫である吾輩の自伝である。
初めての方は、過去記事一番古いものから
読まれる事を是非おすすめさせてもらいたい。


← プリチィな吾輩のためにもぜひクリックをお願いしたいのだ!!→ランキング参加サイト

2007年07月23日

恐怖!!真夏の怪獣あらわる!

ついに・・・今年も恐怖月間がやってきた!

「夏休み」である。

「夏休み」といえば、ヌシの姪である小学生の女児が
二世帯で暮らすヌシの母上のもとへやってくるのである。

しかし、母上のもとでは楽しい遊びがないらしく
ゲームやパソコンが散乱しているヌシのほうの棟へ
おのずとやってくるのだ。

我ら猫にとって、赤子や幼児は怪獣と同じなのだ。
中には、上手くやっているものもおるようだが。

吾輩は、この怪獣がやってくるたびに
スイミングで持ち帰った水泳帽をかぶせられたり
肉球をさわられたり、鼻をふさがれたり散々な目に
あわされた上、最近持ち始めた携帯でパシャパシャと
写真を撮られるのである。

まったく迷惑千万。

夜になると、母上のところへ寝に帰っていくので
それから朝が来るまでが、吾輩至福の時である。

ヌシには子供がいない。
というか、吾輩がかわいすぎて
子供が欲しくない病にかかってしまったらしいのだ。

まぁ、吾輩にとっては毎日赤子怪獣と暮らす事を思えば
それも嬉しい限りなのだが、

姪怪獣にしてみれば、それはそれで
吾輩がヌシを独り占めしているのが気に入らないらしいのだ。
子供ってやつは全く。
ヌシなどいつでも、くれてやるのに。。。

吾輩にしてみれば毎日だら〜っと暮らせて
美味いもんが食えればそれでええのだから。

ピンポン♪ピンポーン♪

ついに、怪獣がやってきた。。。


ゆ・・・許さん・・・プルプル・・

・・・・こういうの、ヤメてくれるかな〜!!!
posted by 猫魂 at 01:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。