これは猫である吾輩の自伝である。
初めての方は、過去記事一番古いものから
読まれる事を是非おすすめさせてもらいたい。


← プリチィな吾輩のためにもぜひクリックをお願いしたいのだ!!→ランキング参加サイト

2007年06月28日

ヌシに誘拐された日のコト

  ほんとにこのクソ暑いのによく寝れる女(ヌシ)である。

吾輩がヌシに誘拐されたのも、こんな暑い夏のことだったなー・・・


1985年××月××日

 吾輩は白猫のおっ母と、ノラ父の間に産まれた、とってもプリチィな茶トラであった。
兄弟は6人。母は美しく。飼い主のバアさんもやさしく。
時には大好物のちくわも食卓に並んだ。
それはそれは、シアワセな毎日だった。

 ところが、悲劇はある日突然やってきた!
吾輩が生後3ヶ月になろうかという頃。。。。
バアさんの知り合いの知り合いとかいう女(ヌシ)が、茶トラの猫を求めてやってきたのだ!!

 ・・・茶トラは吾輩と姉さんの2匹のみ。。。。。。あとはキジトラと白である。
玄関のチャイムが鳴った時、真っ先におしとやかな姉さんが、玄関に挨拶に出た。
『いらっしゃいまし、ようこそ我が家へぴかぴか(新しい)
そして、ヌシは姉さんをじっと見定めた。。。。。
そして一言!

「かっわいぃぃぃぃぃ〜〜♪♪」

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・!!!!!

ぬぁにぃお〜ぅっ!???むかっ(怒り)

吾輩のほうが愛らしいに決まってるではないかっ!!!!
どんな目をしとるんじゃ!この女はっ!!!
姉さんも姉さんじゃっ!『弟には負けますぅ〜★』とか言わんかいっ!

  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
気がついた時には遅かった。。。。
吾輩は、ダダダダっ!と玄関に走り出て、『ニギャーっ!!!!(あほ〜!!!)』
と一喝し、姉を置き去りに、またダダダダっと走り去ったのである。

ヌシの声が聞こえる。。。
「うわっ!今のはちょっと変わった顔しとるっ!でも元気やし、、、、、
             この子の方がかわいいけど・・・おとなしいしな〜」
まだ言うかっ!!!


先日、飼っていた猫を白血病で亡くしたばかりのヌシはこの時、基準として

元気 >>> かわいさ

を求めてやって来ていたのだ。。。。
(吾輩は元気且つ何度も言うが、かわいかった!!)

 さらにヌシとばあさんの会話が続く。
「この子じゃなく、さっき来たオス猫ちゃんをもらってもいいですか?大切にしますから。」
「あぁ・・どうぞどうぞ!!」

ええええええええ???

ばあさんも引き止めろよっ!!!こんなプリチィなワシが行ってもええんかいっ!?

 そうこうする間に、とっとと真っ暗なダンボールの中に入れられ、
自転車の荷台に縛られていく。。。。

母さぁ〜ん!!!兄弟たちぃ〜!!!ばぁさ〜ん!!

会ったコトない父さ〜ん!!!

たっ、たっ、助けて〜〜!!!!!!さらわれるぅ〜!!!

殺されるぅ〜!!!!

 吾輩の叫びもむなしく、自転車はどんどん嗅いだことのない匂いの方角へ
進んで行く。
空気穴から、見たことのない景色が流れて行く。。。
 おそろしい誘拐魔であるヌシは、のんきに母親としゃべり、口笛なんかを吹いておる。

ひらめき ふと、まだ幼い我ながらいい考えが浮かんだ。

 今までダンボールの中で泣き叫んできたが、
ここで黙り込んでみたらどうなるだろうか?
このバカそうな女のことだ!
乱暴な運び方で弱ってきた。もしくは死んだかも?と、
思い込むのではないだろうか?

そうなれば、おのずとダンボールを開き、中をのぞこうとするのでは?

・・・・逃亡チャンスは今しかない!到着してしまったらおしまいだ!!

そして、黙る・・・黙る・・・押し黙る・・・・
「あれ?お母さん?猫がおとなしくなった!」
−シメシメ・・・・
「どうしよう・・・・ちょっと自転車止めて見てみる!」
縛られていたダンボールが解かれていく。
天井に隙間が少し開いた!よしっ!チャンスだっ!!!

 
 今夜は吾輩ももう寝るのだ。  
     ・・・TO BE CONTINUE






ラベル: 日記 ブログ ネコ
posted by 猫魂 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。